首こりを解消する枕の高さとは?

首こりを解消する枕の高さとは?

現在首こりに悩んでいらっしゃる方が、枕の高さを変えるだけで、首こりの症状が著しく改善する場合があります。よって、ここでは、首こりの解消と、枕の高さの関係について

 

解説してまいります。

 

枕の高さが合ってないとどうなるか?

首こり解消の観点から考えた理想的な睡眠姿勢は、

 

  • 仰向けに寝ている状態では、背骨のS字カーブが、直立時のS字カーブとほぼ同じ状態を維持していること
  • 横向きに寝ている状態では、背骨のラインと顔面の中心ラインが一直線であること

以上の2点が必要だと言われています。

 

この理想的な睡眠姿勢は、適切な高さの枕を使用することによって実現されます。しかし、枕の高さが合わなくて、就寝中に、この理想的な睡眠姿勢を維持できない場合には、どうなるのでしょうか?

 

その場合には、不自然な睡眠姿勢で長時間過ごすことになりますから、首の筋肉に過度の負担がかかり、それが首の筋肉の血行を阻害し、首の筋肉にストレスをかけて、乳酸などの疲労物質の蓄積を進行させます。疲労物質は首こりの原因になりますから、枕の高さが合わないと、結局、首こりを引き起こします。

 

高さが合っていると何故首こりが解消されるか

さて、枕の高さが、ぴったり合っていると、睡眠中、首にかかる負担が少ない理想的な睡眠姿勢を実現できます。これが実現されると、首の筋肉がストレスで緊張して血行が滞留するということも少なくなります。

 

同時に、首の筋肉も疲労しませんから、首に乳酸などの疲労物質が蓄積されるということが起こりにくくなります。そうすれば、首こりは起こりにくくなることは言うまでもありません。

 

現在首こりに悩んでいる方は、枕の高さについてのご検討を

現在、首こりに悩んでいらっしゃる方は、就寝時に使用している枕の高さが適切でないことが原因であるかもしれません。その際には、枕の高さを調整するだけで症状が大幅に改善できる場合も考えられます。

 

とにかく、睡眠時間は平均で6時間から8時間と非常に長いですから、その時間を、首こりに良い姿勢で過ごすのと悪い姿勢では、その差は相当に大きなものになります。そして、それを決めるのは枕の高さです。ですから、現在首こりに悩んでいらっしゃる方は、是非、枕の高さについて考えてみることをお勧めします。