首こりを解消する枕の条件

首こりを解消する枕の条件

睡眠時に良い枕を使用しないと、睡眠が原因で首こりが発生する可能性が高まります。また、現に首こりを発症している方であれば、良い枕を使用することによって、首こりを解消できる場合があります。そこで、以下では、首こりを解消する枕とはどんな枕なのか、その条件について解説してまいります。

 

睡眠中に首筋をしっかり支えれること

首こりを解消する枕の条件としてまず考えられるのは、睡眠中に、首筋をすき間なく支えることができる枕であることです。日本人は、欧米人に比べて、身体に対して頭の占める比重が大きくなります。従って、起きている間は勿論のこと、寝ている間も首筋には比較的大きな圧力がかかります。

 

よって、使用する枕は、睡眠中に、首筋をすき間なく支え、首にかかる圧力をできるだけ分散し、首にかかる負担をできるだけ少なくするようなものであることが理想的です。

 

枕の高さが適当であること

次に、首こりを解消する枕の条件として考えられるのは、高さが適当であることです。睡眠中の理想の状態としては、仰向けに寝ている場合には、背骨のS字ラインが直立中と同じ状態、横向きに寝ててる場合には、背骨のラインと顔面の中心ラインが一直線の状態であるとされています。

 

睡眠中に理想の状態を維持できれば、首にかかるストレスを激減させ、首こり解消に大いに役立ちます。ところで、この理想の睡眠状態を生み出すためには、枕の高さが適切でなければなりません。というより、枕の高さが適切でないと、理想の睡眠姿勢を維持することは、ほぼ不可能であると言っていいでしょう。

 

なお、上記の理想の睡眠状態を実現する枕の高さは、個々人によって微妙に異なるため、市販の製品で、それにぴったりフィットする品を見つけるのは難しいかもしれません。その場合には、タオルやうす布を使って枕の高さを調整できるような製品を購入するのがよいかもしれません。

 

高反発枕を利用するのも有効

なお、最近流行の高反発ウレタン枕などは、ウレタンの反発力を利用して、自然と理想の睡眠姿勢が保てるように枕の高さが自動的に調整されます。従って、こういった素材の枕を利用することも、首こり解消の方法として有効と考えられます。